人生において腕時計のコレクションは楽しい趣味

| コメント(0) | トラックバック(0)
 私は20代の頃から腕時計にはまってしまって、少しずつですがコレクションしています。



 コレクションする際に気を付けているのは、ブランド物かどうかという事です。



 ブランド物の腕時計だと、場合によっては年数が経っても価値が下がらない物や限定品といったレアな物があるので、そういった腕時計をしていると周りの人にもすごく珍しがられて自慢できるし、もし飽きた時もオークションでいい値段で売れるのです。



 でも、あまりにも古いアンティーク時計は非実用的なのでコレクションしていません。



 そしてブランド物といってもカルティエやシャネル、オメガ、ロレックスといったハイブランドだけでなく、コムサやカシオ、ケイト・スペードといった比較的リーズナブルで普段使い出来る物の中でデザインが洒落ている物をセレクトしてコレクションしています。



 腕時計って小さいから少々コレクションが増えても場所を取らないし、何よりも外出した時に頻繁に目にしたり、ファッションの一部として活躍してくれるから、選び甲斐があるのです。



 最近のお気に入りブランドは、マーク・ジェイコブスやフォリフォリです。



 それらはオークションでも安く購入できるから、いつもオークションサイトをチェックしては入札に入っています。



 この腕時計コレクションは子供にも引き継いであげたいと思っています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.waist-line.info/mt/mt-tb.cgi/321

コメントする

このブログ記事について

このページは、roomtokiwaが2014年2月20日 13:10に書いたブログ記事です。

次のブログ記事は「腕時計の必要性について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。